>>【限定】Uber Eats1000円割引コード発行中

Uber Eats(ウーバーイーツ)で注文ができないときの7つの原因と解決策を徹底解説

Uber Eatsを利用しようと思ったら「ご注文を完了できませんでした」を始めとした、エラー画面が表示され、注文ができない状況に陥っていませんか?

せっかく食べたい料理があるのに注文ができないと、不満が溜まりますよね。

そこでこの記事では、Uber Eatsで料理が注文できない時の原因と解決策を紹介します!

いまは注文ができない状況にいるかと思いますが、こちらの記事を参考にすると注文できるかもしれません。最後までお付き合いいただければと思います!

【当サイト限定】
1000円割引クーポン配付中

「interjpq2206j3f」



上のクーポンコードを入力するとUber Eatsの初回料金がなんと1000円割引ランチがほぼタダで食べれてしまうのでおすすめです。ぜひ一度Uber Eatsを体感してみてください。

登録して3分後には注文完了

▼1000円割引クーポンの詳細はこちら▼ 【速報】Uber Eats(ウーバーイーツ)クーポン最新版!裏技や限定プロモーションコードも【2回目以降も使える】 >>【最新】Uber Eats割引クーポン徹底解説!裏技や限定コードも

Uber Eats(ウーバーイーツ)で注文ができないときに考えられる原因と解決策7選

こちらではUber Eatsで注文ができないときの原因と解決策について、画像を用いて詳しく説明します。

  1. 入力内容に不備がある
  2. クレジットカードが通らない
  3. プロモーションコードの利用条件を満たしていない
  4. お店が営業時間外のとき
  5. お店がオフラインに設定している
  6. 自分の住所が営業エリア外の場合
  7. 配達パートナーが不足している

それぞれ詳しく確認していきましょう。

【原因1】入力内容に不備がある

Uber Eatsアプリ 住所の設定画面

配達するために必要なお届け先の住所や電話番号の入力に誤りがあると、注文ができないことがあります。

特にGPSを使って住所の登録をした場合は、位置情報が正しいかを確認した上で設定しましょう。

GPSが正常に動いておらず、日本地図に載ってないような住所が設定されていたという稀なケースもあったようです。

【原因2】クレジットカードが通らない

Uber Eatsアプリ クレジットカード設定画面

クレジットカードを使ってのお支払いを選択して、注文ができなかった場合は以下の3つの原因が考えられます。

  1. 入力ミス
  2. 利用限度額
  3. 有効期限

①まず初めに自分が登録したクレジットカードの情報が正しく入力されているか、もう一度確認してみましょう。

②Uber Eatsに限らず、利用限度額を超えてるクレジットカードを使うことはできませんので、現金払いやデビットカードを選択することで注文が完了します。

③入力ミスもなく、利用限度額も超えていなかった場合は、クレジットカードの有効期限が切れてる可能性も考えられるため、確認が必要です。

それでもクレジットカード決済ができないときは、一度カード情報を削除して再入力することで解決するかもしれません。一度試してみてください。

【原因3】プロモーションコードの利用条件を満たしていない

Uber Eats プロモーションコード

プロモーションコードの利用条件を満たせば、配達手数料が無料になったり、20%OFFになったりと、お得にUber Eatsを使うことができます。

しかし、利用条件を満たしていないのに注文をしようとすると、エラーが発生してしまうので、確認が必要です。

ちなみにプロモーションコードの利用条件とは、以下のようなものを指します。

  • 2019年11月30日までのご利用で〜
  • 1,000以上のご注文で〜
  • 11時〜14時限定で〜

クーポンの適用条件を満たしているか、いま一度チェックしてみてください。

【原因4】お店が営業時間外のとき

Uber Eatsアプリ お店が営業時間外で利用できないときの画面

Uber Eatsが営業時間内でも、実際に商品を提供するお店が営業時間外だと注文できません。

画像のように、お店が営業時間外のときは「ただいまご利用いただけません」と表示されます。

事前に注文したいお店の営業時間(開店前、閉店後、休業日の3つ)をチェックしておくことでスムーズに注文できますよ。

【原因5】お店がオフラインに設定している

お店が、Uber Eatsの注文を受け付けないオフラインに設定しているときです。

お店はUber Eatsの注文だけでなく、来店されてるお客様の接客もしているため、状況に応じて自由にオンライン、オフラインの設定をすることができます。

例えば忙しくて店が回っていないとき、品切れで注文された商品を作れないときなどは、オフラインに設定される傾向に。

【原因6】自分の住所が営業エリア外の場合

Uber Eatsでは営業エリアが決まっており、自分の住所がそのエリア外の場合は注文できません。

Uber Eatsの営業エリアは日々拡大中のため、今日はエリア外でも明日はエリア内になってる可能性もありますので、随時チェックをするといいでしょう。

【原因7】配達パートナーが不足している

Uber Eatsは2016年に日本でのサービスを開始したため、まだ歴史が浅く、配達パートナーが不足しているのが現状です。

また配達パートナーとして働いてる人の割合は、専業よりも副業としての方が多い傾向にあります。

そのため、特にゴールデンウィーク、お盆、年末年始など長期休暇は配達パートナーが不足し、注文できなくなることが多いです。

また台風や雨が激しい日も、長期休暇と同様に配達パートナーが減ると考えておくといいでしょう。

それでもUber Eats(ウーバーイーツ)で注文ができないときの解決策3選

ここまでUber Eatsで注文ができないときの原因と対策を7通り説明してきましたが、それでも解決されない場合に使える対処法を3つ紹介します。

  1. アプリを再起動してみる
  2. スマートフォンを一度シャットダウン
  3. アプリを最新版にアップデートする

それぞれ確認してみてください。

【解決策1】アプリを再起動してみる

Uber Eatsに限ることではありませんが、とりあえずアプリを再起動することで問題が解決されるかもしれません。

なので一度アプリを再起動して様子を見てみましょう!

【解決策2】スマートフォンを一度シャットダウン

スマートフォンを一度シャットダウンしてみてください。

スマートフォンを長時間使っていると、端末が一時的に熱くなったり、動作が重くなったりと、正常に動かなくなるかもしれません。

一度スマートフォンの電源を切ることで、問題がリセットされ解決される可能性が高まります。

【解決策3】アプリを最新版にアップデートする

Uber Eatsアプリの更新画面

Uber Eatsアプリのバージョンが古いと注文が上手く通らない可能性があります。アプリは常に最新版であることを確認しておきましょう。

バージョンアップの度に更新していては、手間がかかってしまうので、設定から自動更新を許可しておくとことをおすすめします。

注文できないならサポートセンターに問い合わせるのが一番確実

 

Uber Eatsで注文ができないときの原因と解決策を合わせて10通り説明してきましが、それでもまだエラーが発生することも考えられます。

そんなときはUber Eatsのサポートセンターに問い合わせるのが一番です。

アプリのヘルプページからメッセージを送信することができますが、今すぐに注文してご飯を食べたい状況の中、返信に時間がかかっていると不便です。

なので時間に余裕のある方以外は、下記の電話番号から直接電話をして問い合わせることをおすすめします。

Uber Eatsの電話番号:03-4510-1243