>>【限定】Uber Eats1000円割引コード発行中

Uber Eatsで稼げないは嘘!稼げる5つの秘策を伝授【時給1500円は余裕】

最近、新しい働き方として注目を集めているUber Eats。ところが「ほとんど稼げなかった」「普通のバイトのほうがマシ」という意見を見ることも少なくありません。

ハッキリ言って「Uber Eatsは稼げない」という方々は、まったく工夫をしていない人たちです。個人で自由に稼働できる分、配達方法を考えないと効率が悪くなってしまいます。

反対に言うと、ちゃんとノウハウを頭に入れて稼働すれば時給1,500円以上は余裕で、日によっては2,000円も十分可能です。

この記事では、Uber Eatsで稼げる理由や、稼ぐための秘伝の技、実際の配達パートナーの時給額について詳しく紹介します。

Uber Eatsが実際に稼げるのかどうか気になっている方や、やってみたけど稼げなかったという方は、ぜひチェックしてみてください!

Uber Eats(ウーバーイーツ)が稼げないと言われている理由

こちらでは、Uber Eatsが稼げないと言われている理由を3つ紹介します。

  1. 数日で辞めてしまう人が多いから
  2. 配達エリアを変えていないから
  3. 配達のコツを知らないから

それぞれ詳しく確認していきましょう。

【Uber Eatsが稼げないと言われる理由1】
数日で辞めてしまう人が多いから

Uber Eatsは働き方が自由なので、数日しか働かずに辞めてしまう人が多いです。その人達が「稼げなかった」という口コミを言うことによって、稼げないように見えてしまっています。

恐らく数回配達して「注文の依頼が少ないし、配達しても数百円しかもらえなくて、時給に換算すると安かった」と感じているのでしょう。

実はUber Eatsでは、AIが配達実績や評価に基づいて仕事の割り振りを行なっていると言われています。つまり配達実績が少ないと、依頼数が少なくなってしまうのです。

また配達効率を考えていないため、1回の配達にかかる時間が長くなり、その分時給が安くなっていると考えられます。

継続して改善していけば時給も良くなっていくのですが、最初の数回で見限ってしまって「稼げなかった」と思っている方は多いです。

【Uber Eatsが稼げないと言われる理由2】
配達エリアを変えていないから

配達エリアを変えておらず、あまり稼げていないケースです。

Uber Eatsはエリアによって注文数に大きく差があるので、効率よく稼ぎたいなら利用者が多い場所にいかなくてはなりません。

たとえば東京寄りの埼玉エリアで稼働するのと、十数分電車に乗って東京都心部に向かうのであれば、後者のほうが多く稼げます。電車賃や移動時間、レンタル自転車の料金を引いても利益が残るので、稼働するなら圧倒的に都心部がおすすめです。

報酬や注文量が少なくて辞めてしまった人は、注文の多いエリアに行かずに、適当に自宅付近で稼働を始めていた可能性があります。

【Uber Eatsが稼げないと言われる理由3】
配達のコツを知らないから

配達のコツを知らないせいで、稼ぎが少ないケースです。

適当に注文依頼を待って、何となくお店に引き取りに行って配達するというだけでは、報酬は伸びません。

Uber Eatsは自分で自由に働き方を変えられる分、稼ぐ人はエリアごとに独自の戦法を持っている人が多いです。

たとえば「このエリアだと○○というお店の注文が多いから、そこの付近で待機して依頼を待つ」という方法を使えば、引き取りにいく時間が数分で済み、時給アップにつながります。

配達のコツをしっかりと把握しておかないと、稼げないと感じてしまうので注意が必要です。

Uber Eats(ウーバーイーツ)が稼げる理由5選

こちらでは、なぜUber Eatsが稼げるといえるのか、その理由を5つ紹介します。

  1. デリバリーサービスの需要が高まっている
  2. 対応店舗が増えている
  3. 報酬の上限がなく、働けば働くほど儲かる
  4. ブーストやインセンティブなどで+αの収入がある
  5. 営業時間が長く、好きなときに働ける

それぞれ詳しく確認していきましょう。

【Uber Eatsが稼げる理由1】
デリバリーサービスの需要が高まっている

ここ1~2年で、デリバリーサービスの需要がかなり高まっているからです。

ネットで気軽に注文できるシステムが整備されているうえに「配達アプリがデリバリースタッフを独自に用意して、配達時間を短くする」という方式がどんどん取り入れられています。

Uber Eatsだけでなく、出前館やLINEデリマなど、配達サービスの数は増加中です。

需要が高まっている分、配達している人もたくさんお金を稼げるようになっています。

【Uber Eatsが稼げる理由2】
対応店舗が増えている

Uber Eatsに対応している店舗が、かなり増えているからです。

店舗が増えるとユーザーの利用頻度も高くなるので、その分報酬がアップします。

「Uber Eatsでしか出前サービスをやっていない」というお店も増えているので、稼ぐチャンスは今後も大きくなっていくでしょう。

対応店舗が増えているのは、Uber Eatsが稼げる大きな理由の1つです。

【Uber Eatsが稼げる理由3】
報酬の上限がなく、働けば働くほど儲かる

Uber Eatsには報酬の上限がないので、働けば働くほど儲かります。

1日最大12時間しか稼働できませんが、効率よく時給2,000円で動いたすると日給は24,000円です。週4~5日で働けば月収40万円以上も夢ではありません。

他のアルバイトだとシフト制などで働ける上限が決まっているし、時給も固定されているので、そこまで多くのお金は稼げないですよね。

報酬や時給に上限がないのは、Uber Eatsならではの稼げるポイントです。

【Uber Eatsが稼げる理由4】
ブーストやクエストなどで+αの収入がある

Uber Eatsには、ブーストやクエストなどで+αの収入が存在します。

それぞれの意味は以下のとおりです。

ブースト 需要が高いエリアに行くと、報酬が1.1倍~1.2倍になる。
クエスト 日々の配達回数に応じて、追加でボーナスをもらえる。
4回で400円、12回で2,600円など

これらをうまくこなすことで、普通に配達するよりも多額の報酬が受け取れます。トータルで換算すると時給2,000円を超えることも珍しくありません。

口コミでは基本報酬だけを見て「稼げない」と言っている人は多いですが、基本報酬以外で稼ぐポイントが多く存在しているのもUber Eatsの魅力です。

【Uber Eatsが稼げる理由5】
営業時間が長く、好きなときに働ける

Uber Eatsは営業時間が長く、いつでも好きなときに働けます。

基本的な営業時間は、朝の9時~夜の0時までです。その間であればいつ稼働してもいいので、スキマ時間でサクッと稼ぐことができます。

もちろん時給を追い求めるならお昼や夕方のピークタイムで働くことが重要ですが、それ以外でもちゃんと稼ぐことは十分に可能です。

他のアルバイトのように時間を決められていないので、自由なタイミングで好きなだけ働けるのはUber Eatsの稼げるポイントだといえます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)でさらに稼ぐための秘策5選

こちらでは、Uber Eatsで効率よく稼ぐための秘伝の技を5つ紹介します。

  1. ピークタイムや土日に重点的に稼働する
  2. 人気のお店をうまく利用する
  3. 雨の日のインセンティブを活用する
  4. エリアに合わせて自転車とバイクを選ぶ
  5. AIの配車システムにはなるべく従う

うまく活用して、報酬をガンガン稼いでみてください!

【Uber Eatsで稼ぐコツ1】
ピークタイムや土日に重点的に稼働する

注文が多く入るピークタイムや、利用者が増える土日に重点的に稼働すると、報酬が多くもらえます。

ピークタイムはUber Eatsも多くの人に稼働してほしいので、クエストやブーストなどの追加報酬がもらえる機会も多いです。

クエストを使うとプラスで2,000円以上の報酬も珍しくありません。日給が2,000円もプラスされるのは嬉しいですよね。

だいたい昼の11時~14時と夕方の17時~20時くらいが注文の増えるタイミングなので、ぜひ狙って稼働してみてください。

【Uber Eatsで稼ぐコツ2】
人気のお店をうまく利用する

人気のお店をうまく利用するのも、Uber Eatsで稼ぐコツの1つです。

エリアによって人気のお店はいろいろありますが、人気=需要が高いということなので、その分配達件数も多くなります。

いろいろなエリアで稼働している人にインタビューをしたところ、実はUber Eatsで最も多く配達されているお店はチェーン店で、特にマクドナルドが人気です。

うまく利用して、配達件数を増やしてみてください。

【Uber Eatsで稼ぐコツ3】
雨の日のインセンティブを活用する

雨の日は追加のインセンティブが多く、うまく利用すれば多額の報酬を獲得できます。

以下が、インセンティブの一例です。(インセンティブはエリアや稼働状況によって変わります)

配達回数 普通の日 雨の日
4回 300円 600円
8回 700円 1500円
12回 1050円 3000円

マックスだと約3倍近く変わってくるので、かなりお得だといえますね。

雨の日は積極的に稼働して、追加報酬を獲得しましょう。

【Uber Eatsで稼ぐコツ4】
エリアに合わせて自転車とバイクを選ぶ

エリアにあわせて自転車とバイクを選ぶことで、効率よく配達ができるようになります。

たとえば横浜エリアは長距離の配達が多いのでバイクがおすすめです。反対に新宿などの都心部だと、短距離配達が多いので自転車を使ったほうがスピードが速くなります。

長距離は1件あたりの報酬額が高くなり、短距離だと配達件数に応じたボーナスをもらいやすいです。

バイクと自転車にはそれぞれいい部分があるので、稼働したいエリアに応じて柔軟に変更してみてください。

【Uber Eatsで稼ぐコツ5】
AIの配車システムにはなるべく従う

AIの配車システムにはなるべく従ったほうがいいと言われています。

Uber EatsではAIによって配達依頼が振り分けられているのですが、配達パートナーは案件を見てキャンセルが可能です。

ところがキャンセルをしすぎると「こいつはキャンセルが多いから注文を入れたくないな」と判断されて、注文が減る可能性があります。

あくまでも噂レベルではありますが、実際に雨の日にキャンセルを続けていると注文が減ったというケースもあるので、AIの配車システムにはなるべく従いましょう。

【稼げないと思って配達しないのは損】
Uber Eats(ウーバーイーツ)のメリット5選

こちらではUber Eatsのメリットを5つ紹介します。

  1. バイトと違って、いつでも自由に配達できる
  2. 変な人間関係が一切ない
  3. クレーマーはほぼいない、注文者さんはみんな優しい
  4. 体を動かすので、程よい運動になる
  5. 配達以外は自由!スマホをいじっていても怒られない

【Uber Eatsのメリット1】
バイトと違って、いつでも自由に配達できる

Uber Eatsは一般的なバイトと違い、いつでも自由に配達できます。

バイトの場合は決まった時間にお店に行くことが求められますが、Uber Eats(ウーバーイーツ)にはシフトという概念がありません。

好きな時にアプリを起動して配達をし、辞めたい時にアプリを切って配達終了。

  • 大学の授業の空き時間
  • 休日に予定が無くて暇
  • 次の予定まで1〜2時間空いている
  • 仕事終わりにちょっとだけ働きたい
  • 本業とは別に副業を始めたい

このようなときに、時間を有効活用したい方にピッタリです。

Uber Eatsは自分に負担が無い時間帯だけ配達できるので、自由度が高く続けやすい仕事と言えます。

【Uber Eatsのメリット2】
変な人間関係が一切ない

Uber Eatsは1人で配達を行うので、変な人間関係が一切ありません。

人と触れ合う機会があるのは、主に品物を受け取って渡すタイミングのみです。

Uber Eatsとも雇用関係にあるわけではないので、嫌な上司にガミガミ怒られたり、同僚といざこざが起きたりすることもありません。

基本的に黙々と1人で働けばいいので、かなり楽な仕事と言えるでしょう。

【Uber Eatsのメリット3】
クレーマーはほぼいない、注文者さんはみんな優しい

一般的なデリバリーバイトで怖いのがクレームですよね。しかし、Uber Eatsの注文者さんはみんなリテラシーが高くてクレーマーはほとんどいません。

もし万が一、クレームを言われたとしても、Uber Eatsはサポートが充実しているので「サポートへ連絡をお願いします」と言うだけで済みます。

クレームやトラブルに関しては下の記事でも詳しく紹介しています。
>>Uber Eatsのトラブル・クレーム対策まとめ20選

【Uber Eatsのメリット4】
体を動かすので、程よい運動になる

Uber Eatsの配達では体を動かすので、程よい運動になります。配達方法は自転車とバイクから選択可能で、どちらにしても体を動かす機会は多いです。

特に自転車だと、1日に5~10kmほど漕ぐことも珍しくありません。ダイエットやトレーニングの一環としてやっている人も多く、爽やかな気分で働けるのはメリットと言えるでしょう。

また、自転車だと大変そうなイメージがあるかもしれませんが、電動自転車を使えばそこまで辛くありません。

【Uber Eatsのメリット5】
配達以外は自由!スマホをいじっていても怒られない

Uber Eatsは配達さえちゃんとしていれば、他はかなり自由です。空き時間にスマホでゲームをしたり、勉強したりしても怒る人がいないからです。

ただし、自転車運転中のイヤホンの装着や、スマートフォンの操作など、条例・法律で禁止されていることには注意しましょう。

【エリアごとの実体験】Uber Eats(ウーバーイーツ)の時給額を紹介!

こちらでは、実際にUber Hackがインタビューした配達パートナーの報酬額を紹介します!

エリアによって大きく違うので、ぜひ参考にしてみてください。

(報酬は、時間、地域、プロモーションによって異なります。)

【Uber Eatsエリアその1】東京都杉並区:時給2,400円

左:時給換算して一番報酬が高かった時
右:平均的な報酬の日

東京都杉並区で稼働している方の平均的な時給は1,500円で、一番稼げた日の時給は2,400円でした。

雨の日などをうまく利用して、効率よく配達を続けているそうです。

杉並区の攻略情報は、以下の記事で詳しく解説しています。

>>【杉並区】Uber Eats(ウーバーイーツ)攻略法を100回配達した私が伝授【クーポンあり】

【Uber Eatsエリアその2】東京都墨田区:時給2,500円

東京都の墨田区では、時給換算で平均2,000円、過去には最大で2,500円を稼いでいます。

インタビューした方は副業で土日しか稼働していないにも関わらず、月収15万円を記録するなど、かなり精力的に活動中です。

副業として15万円も稼げると、日々の生活が一気に楽になりますよね。

詳しくは以下のインタビュー記事もチェックしてみてください。

>>【実録】墨田区でUber Eats(ウーバーイーツ)を始めるコツを伝授【月収15万円】

【Uber Eatsエリアその3】大阪市北区:時給1,100円

大阪市北区での配達では、時給1,100円を稼いでいます。

この方は配達初日に2時間の稼働で時給が1,000円を超えていたので、慣れてきてクエストなどで追加報酬を狙えばもっと稼げるでしょう。

Uber Eatsは東京だけでなく、大阪でも人気を誇っています。

>【体験談】大阪でのUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーをやってみた

【普通のバイトとは違う】 Uber Eats(ウーバーイーツ)の報酬体系を徹底解説


Uber Eatsは一般的なバイトと違い時給という概念がありません。基本的には配達距離に応じて報酬が支払われるのですが、そのシステムがやや複雑です。

ここでは、そんなUber Eatsの報酬体系を徹底解説します。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の報酬の仕組みを解説


Uber Eatsの報酬は3つの要素で決定されます。
  • 基本料金
  • サービス手数料
  • インセンティブ(追加報酬)
それぞれ詳しく説明します。

※地域によって金額は若干異なります。

基本料金


基本料金は3つの報酬を合算したものです。

1.受け取り料金(265円)お店でフードを受け取った際に発生する報酬。配達先が複数箇所ある場合でも、受け取るお店が1店舗の場合は265円です。

(例) A店で高橋さんと鈴木さんのフードを預かる。高橋さんと鈴木さんにフードを届けても受け取り手数料は265円

2. 受け渡し料金(125円) 注文者にフードを渡した際に発生する報酬。

3.距離に応じた報酬(60円 / km) お店から配達先までの距離に応じて発生する報酬。複数の配達先が指定された場合は、合計距離が対象となります。
(例)
A店で高橋さんと鈴木さんのフードを預かった場合は…

A店

↓(1km)

高橋さん宅

↓(0.5km)

鈴木さん宅

1 + 0.5 = 1.5kmが合計距離となります。

サービス手数料


基本料金から一定の割合で引かれるのがサービス手数料です。各都市でその割合は変わります。
(例)
受け取り料金:265円
受け渡し料金:125円
距離に応じた報酬:60円(1km)

サービス手数料
=(265+ 125 + 60)× 0.1(10%)
= 450 × 0.1
= 45円
サービス手数料は、基本料金のみで計算され差し引かれます。後に説明するインセンティブ(追加報酬)が発生した場合は差し引きはありません。

インセンティブ(追加報酬)


インセンティブとは簡単にいうと追加報酬のことです。注文が多い時間や場所に適用されます。内容は、都市ごと、配達パートナーごとに変わります。

またインセンティブには以下の3種類があります。
  1. ブースト
  2. クエスト
  3. 期間限定のインセンティブ
それぞれ解説していきます。

1. ブースト 注文が多い時間や場所において、基本料金が一定の倍率(1.1〜1.5倍)で増額する仕組み。また、ブーストによる増額分には、サービス手数料が適用されません。
(例)
基本料金:800円
サービス手数料:10%
ブースト:1.5倍

【計算式】 800 - 80(サービス手数料)+ 400(ブースト増加分)
=1,120円
ブーストが適用されている間は報酬アップの大きなチャンス。ここをうまく狙って配達することで大きく報酬を伸ばすことができます。

2. クエスト
配送件数に応じて追加で支払われる報酬。
例えば以下のようなクエストが設定されています。
(例)
4回配達:400円
8回配達:1,000円
12回配達:1,600円

※各回数ごとに追加で表示額がもらえるのではなく、12回配達した場合にもらえる合計額が1,600円です
  3.期間限定のインセンティブ Uber Eatsでは期間限定のインセンティブキャンペーンを行うこともあります。 過去の例がこちら↓
  • 30回配達達成で2万円インセンティブ
  • 繁忙期(昼・夜)にたくさん配達すれば貰える回数インセンティブ
  • 抽選で1万〜10万円が当たるくじ引きインセンティブ
まるでスマホゲームみたいですね。これらの期間限定インセンティブもUber Eats配達パートナーの大きな魅力です。<

Uber Eats(ウーバーイーツ)は週払いに対応


Uber Eats(ウーバーイーツ)では、報酬が週払いで受け取れます。
具体的には日曜日締め(厳密には月曜日朝4時)の水曜日振込です(一部の銀行では木曜日~金曜日の着金になることも)

週払いなので、お金がピンチの状況でもすぐに入金してもらえるのは嬉しいですよね。

しかも、働けば働くほど報酬がもらえるので、金欠時に1週間だけガッツリと働いて、他の日はそこそこに、といった働き方も自由に選択できます。

【面接不要】Uber Eatsの登録方法は7STEP

  1. 公式HPにアクセス
  2. アカウントの作成
  3. 配達する車両を選択(自転車or原付など)
  4. 本人確認書類の登録
  5. 登録完了
  6. パートナーセンターに行く前の準備
  7. パートナーセンターにて本登録
1〜5番まではWeb上で5分程度で完了します。
Web上での登録が完了したら、あとはお近くのパートナーセンターで説明会(45分程度)を受けてその日から配達OKです(面接は不要)

※必ず説明会を受けたその日に1度で良いので実際に配達をしましょう!
日が経つにつれて億劫になったり、アプリの使い方を忘れたりしてドンドン配達する気力がなくなってしまいます…必ず説明会の後は予定を空けておいてすぐに配達できるようにしましょう!