>>【限定】Uber Eats1000円割引コード発行中

雨の日のUber Eats(ウーバーイーツ)は稼げる!3つの理由や注意点を徹底解説!

隙間時間を有効に活用できる!と人気のUber Eatsでの配達員パートナー。

その中で「雨の日の配達ってどんな感じなんだろう」と気になっている方も多いのではないでしょうか?

そこでこの記事では、Uber Eatsの雨の日の配達について、以下の内容を紹介します。

  • 雨の日に稼げる理由
  • 雨の日のデメリット
  • 雨の日の配達で気をつけること
  • 雨の日の服装

毎日が晴れで配達に適した日ばかりではないので、雨の対策は必須です。

Uber Eatsの配達員パートナーになりたい方や、すでに配達で活躍している方は、ぜひ参考にしてみてください。

Uber Eatsで雨の日が稼げる3つの理由

雨の日の配達の報酬が、晴れの日と何も変わらなかったら「今日はゆっくり家で休むか」となってしまいますよね。しかし、雨の日だからこそ稼げる3つのメリットがあります。

  1. 外出したくない人が増え、配達の注文が増える
  2. 配達員パートナーの数が減り、需要が増える
  3. インセンティブの報酬が高い

これらを理解して活用することで、晴れの日に配達をするよりも多くの報酬をもらえる可能性がありますよ!

詳しく紹介するので、ぜひチェックしてみてください。

【雨の日のメリット1】外出したくない人が増え、配達の注文が増える

「雨の日は買い物やランチ、ディナーで外に出るのがめんどくさい」という方は多いので、Uber Eatsでの注文が増えます。

Uber Eats利用者が急増することで、配達回数を多くこなせるんです!

配達パートナーは配達すればするほど報酬がもらえるので、配達件数が増える雨の日はメリットといえます。

【雨の日のメリット2】配達員パートナーの数が減り、需要が増える

雨の日に外に出たくないのは、配達パートナーも一緒です。

Uber Eatの利用者は増えるのに、配達する人が減ってしまうので、配達パートナーの需要が急増します!

人手が足りず、配達したらすぐに次の依頼が来るという状況になると、効率があがりたくさんの報酬がもらえるでしょう。

他の人が動いていないときこそ、配達のチャンスです。

【雨の日のメリット3】インセンティブの報酬が高い

雨の日は通常に比べて、インセンティブやクエストによって報酬の大幅UPが見込めます!

杉並区の雨の日のインセンティブでの報酬を例にだして説明してみますね。

配達回数 普通の日 雨の日
4回 300円 600円
8回 700円 1500円
12回 1050円 3000円

※インセンティブとは配達回数に応じたボーナス報酬です
※配達パートナーによってインセンティブの発動条件(基本的には抽選)は変わります

配達回数が4回でもインセンティブの報酬が2倍、うまく12回配達ができれば、約3倍近くの報酬が見込めます!

雨の日のインセンティブでいつもの日よりも、かなり稼げるのがわかりますね!

>>【杉並区】Uber Eats(ウーバイーツ)攻略法を100回配達した私が伝授

Uber Eats 雨の日の3つのデメリット

雨の日は「晴れの日と比べて稼げる!」というメリットがありますが、少なからずデメリットも存在します。

こちらでは、雨の日のちょっと気になる点を3つ紹介します。

  1. インセンティブが安い可能性がある
  2. 遠くのお店に飛ばされる可能性がある
  3. お客さんにBad評価をつけられやすい

デメリットをしっかり把握して、雨の日にUber Eatsをやるべきかを判断しましょう!

【雨の日のデメリット1】インセンティブが安い可能性がある

雨の日であっても、インセンティブ報酬が安い可能性があります。

インセンティブは稼働している人や状況によって変わるので、必ずしもメリットの大きいものが用意されているとは限らないからです。

いつもよりも多くの収入が得られるのは間違いないですが「雨の日の配達のめんどくささと比較すると報酬が見合わない」と感じるかもしれません。

インセンティブの報酬UPと雨の日の配達の手間を考えて、配達するかどうかを決めましょう。

【雨の日のデメリット2】遠くのお店に飛ばされる可能性がある

雨の日は、少し遠くのエリアの配達を依頼される可能性があります。配達できるパートナーの数が減ってしまうからです。

Uber Eatsの報酬はお店から配達先までの距離で決まるので、遠くのお店への引き取りはデメリットでしかありません。

遠い場所はうまく断りつつ、効率を考えて配達するようにしてみてください。

【雨の日のデメリット3】注文者にBad評価をつけられやすい

雨の日は注文者にBad評価をつけられる可能性が高くなってしまいます。配達パートナーが少なくて、注文者が待つ時間が増えるからです。

雨だと、少し遠いエリアの配達の依頼が増えます。そこで配達パートナーとしては「近くのお店で商品を受け取りたい」と考えるので、何度か依頼を断るでしょう。

そうなると、自分に「依頼を受けた案件がなんどか拒否された案件」が回ってくる可能性があるんですね。

当然拒否された回数が多いと、注文者が長時間待っていることにつながります。そのイライラからBad評価を押してしまうことも珍しくありません。

せっかく配達したのにBad評価がつきやすくなってしまうのは、デメリットといえます。

Uber Eats雨の日に気をつけること8選

雨の日は通常に比べてインセンティブが増え、配達員パートナーの数が減るので、需要が高まり収益の大幅UPが見込めます。

その分「雨の日だからがっつり稼ぐぞ!」と意気込む方も多いとは思うのですが、雨の日の配達は気をつけるべきことが多いです。

特にロードバイクといったスポーツバイクなど、自転車を使っている人は要注意。

それでは、Uber Eatsでの雨の日に気をつけること8選を紹介します!

【Uber Eatsで雨の日に気をつけること1】視界

雨の日の一番の厄介な点は「視界が悪くなること」ですよね。

走行時は周りの状況をいつも以上に確認し、気を配ることが大事です。自分だけ気をつけていても、傘をさした歩行者や車を運転するドライバーも視野が悪い状況なので、とっさの判断が必要になることもあります。

【Uber Eatsで雨の日に気をつけること2】カーブをゆっくり曲がる

雨の日の路面は非常に滑りやすいです。

晴れた日の乾いた路面の時よりも、スピードを緩めた状態で曲がるようにしましょう。カーブの時に転倒してしまうと大きな怪我にもつながりかねません

【Uber Eatsで雨の日に気をつけること3】マンホール

マンホールの上の走行は雨の日は非常に危険です!

晴れの日には気にせずにマンホールの上を走行している方も多いとは思いますが、雨の日は非常に滑りやすくなります。怪我、事故防止のためにできるだけ、マンホールの上の走行は避けるようにしましょう!

【Uber Eatsで雨の日に気をつけること4】白線

意外と雨の日に滑りやすくなるのが、白線です。

交差点を走行する時は、少しスピードを落とし、滑らないように気をつけましょう。

【Uber Eatsで雨の日に気をつけること5】車道と歩道の見辛い段差

車道と歩道の見辛い段差は、1番の転倒する原因です。

みなさんも1度は転んだこと、あるいは転びそうになり、ひやっとした経験があるのではないしょうか?晴れた日でも、気をつけなければいけないですが、視野が狭くなっている雨の日はより気をつけなければいけません。

段差には小さな石や、落ち葉が溜まっていることもありますので、非常に危険です。

【Uber Eatsで雨の日に気をつけること6】排水溝などのつなぎ目

排水溝のつなぎ目(グレーチングと呼ばれます)は転倒につながります。

カーブやブレーキをする時はいつも以上に気をつけましょう。雨の日は摩擦の関係で、非常にスリップしやすい状況になっています。

【Uber Eatsで雨の日に気をつけること7】スマホの操作

Uber Eatsの配達時は、マップを見ながらの走行する必要がありますよね。

雨の日は視界が悪くなりますのでスマホに気をとられていると、近くの歩行者や車両に気づくのが遅れてしまうことがあります。雨の影響で画面が見えづらくなることも多々ありますので、確認する時は一時停止をこころがけましょう。

【Uber Eatsで雨の日に気をつけること8】自転車のメンテナンス

雨の日の走行後は自転車のメンテナンスも忘れずに行いましょう!

自転車を濡れたままの放置は、サビの原因になります。乾いた雑巾で、軽く全体を拭くことでサビから守ることができますよ。たまには、チェーンにオイルを差すと、快適な走行性が維持されます。

また、タイヤの溝がすり減っている状態だと濡れた路面を走る際に非常に危険です。定期的にタイヤの状態も確認し、必要があれば交換も忘れずに!

Uber Eats雨の日の服装、持ち物6選を紹介!【快適に動くために】

雨の日の配達での服装、持ち物を少し増やすだけで、快適性がUP!

雨用に服装、持ち物を少しだけいつもと変えるだけで、怪我や事故に遭う確率をグッと減らせます。しっかり雨の日の対策を練り、安全にたくさん稼ぎましょう!

【Uber Eats雨の日の持ち物1】スマホの防水ケース

Uber Eatsの配達時はスマホのナビや、Uber Eatsのアプリを使うので必須のアイテムですよね。

雨から守るために防水ケースを使うことで、水没などの故障のリスクを防げます。

【Uber Eats雨の日の持ち物2】カッパ (レインスーツ)

強い雨の時は、カッパやレインコートを利用し、体が濡れないようにしましょう。

透明なカッパは防水性能が優れていますがデザインがあまり良くありません。デザイン性にもこだわる方はレインスーツを選びましょう。

雨がそこまで強くない時は、撥水性能が高いマウンテンパーカーに防水スプレーを軽くかけるだけで十分です。

【Uber Eats雨の日の持ち物3】タオル

タオルは雨の日の必需品です。

体を拭くのはもちろん、濡れたハンドルを拭くことで、ハンドルのスリップを防止することができます。加えて、小さい商品をUber Eatsのバッグに入れた時に、余分なスペースを埋めるときにも使えますよ♪

1枚だけでなく、2、3枚用意しておくことをおすすめします。

【Uber Eats雨の日の持ち物4】バッグ用の防水ケース

Uber Eatsのバッグはある程度の撥水性能が保たれていますが、念のために防水カバーがあった方がいいかもしれません。

劣化しにくくもなりますし、カビ防止にもつながります。

もし、Uber Eatsのバッグにカビが生えてしまった場合は、近くのUber Eatsのサポートセンターで新しいバッグに交換することができますよ。

【Uber Eats雨の日の持ち物5】雨天用グローブ

雨の日はハンドルも非常に滑りやすくなっているので、雨天用のグローブはおすすめです。

自転車やバイクでの配達パートナーの方は、ハンドルを握りなおした時に滑ってしまうと、転倒につながります。

「スマホの操作ができないじゃないか!」と気になっている方は、スマホ操作が可能なグローブもあるので探してみてください。

【Uber Eats雨の日の持ち物6】濡れてもいい靴

雨の日には、お気に入りの靴ではなく、濡れてもいい靴を準備しておきましょう。

靴は絶対に濡らしたくないという方はレインブーツもいいとは思いますが、自転車が漕ぎづらくなるというデメリットがあります。シューカーバーや防水スプレーを利用して、靴をなるべく濡らさない方法もありますよ!