>>【限定】Uber Eats1000円割引クーポン発行中

【悲報】Uber Eats(ウーバーイーツ)が東京での報酬引き下げを実施【激怒】

12月1日より、東京エリアのUber Eats配達パートナーの料金体系が変更になりました!

今回の変更では、長距離の報酬に影響が出そうです。

この記事では、新料金について、変更点や料金のシミュレーションを紹介します。

  • どれくらい変わったの?
  • 結局バイクと自転車だとどっちがいい?
  • ぶっちゃけ稼げるようになった?

という疑問をお持ちの方は、ぜひチェックしてみてください!

【東京で12月1日から】
Uber Eats(ウーバーイーツ)配送料金の変更点を解説

Uber Eatsの配達パートナー報酬は、12月1日より東京エリアのみ適用されます。

変更内容は、以下のとおりです。

新料金 旧料金
受取料金 265円 300円
1kmあたりの料金 60円 150円
受渡し料金 125円 170円
サービス手数料 10% 35%
インセンティブ 引き上げ

赤字が報酬アップ青字が報酬ダウンです。

簡単に言うと「全体的な報酬を下げて、手数料を減らす」という変更がなされました。また、インセンティブが引き上げられると明記されています。(内容は未定)

手数料が下がったのは嬉しいですが、1kmあたりの報酬がガクッと減ってしまったのが辛いところです……

【ぶっちゃけ得?損?】
配達の報酬をシミュレーションしてみた

変更にあたり、実際に配達報酬がどうなるのかが気になる部分ですよね。

そこでこちらではUber Eats配達時の報酬を、距離ごとに比較してみました。

計算方法は「(受取料金 + 配達距離×1kmあたりの料金 + 受渡し料金) – サービス手数料」です。(ブースト1.0倍として)

新料金 旧料金
500m 378円 354円
1km 405円 403円
2km 459円 500円
3km 513円 549円
4km 567円 598円
5km 621円 793円

(※赤字が報酬アップ青字が報酬ダウン

短い距離であれば新料金のほうが多く報酬をもらえますが、距離が伸びれば伸びるほど安くなっていきます。

ここに1.3倍や1.5倍といったブーストがかかると、その差はかなり大きいです。

まだ明かされていないインセンティブ次第にはなりますが、現状だと損と言えます。

引用:Uber Eats公式メール

Uber Eatsいわく「配達パートナーの皆さまの収入に影響を与えることは想定しておりません。」とのことなので、インセンティブに期待しましょう。

今回のUber Eats報酬改定はバイクでの配達に影響大

今回の報酬改定では、バイクの配達パートナーへの影響が非常に大きいです。

バイクの配達パートナーには長距離の仕事が多く回ってくるので、距離が伸びれば伸びるほど損になる報酬体系だと損をしてしまいます。

おそらくインセンティブでマシになるとは思いますが、現状Uber Eatsを始めるなら自転車がおすすめです。

自転車であれば短距離の仕事が多く、燃料代も必要がないので、そこまで影響はありません。

これからインセンティブに関しての詳細が明かされていくはずなので、Uber Eatsから届くメールは逐一チェックしておきましょう。