>>【限定】Uber Eats1000円割引コード発行中

【クーポンあり】Uber(ウーバー)タクシーとは?アプリの使い方や料金を徹底解説

世界的に人気を集めているタクシー配車アプリのUber(ウーバー)が、日本でも利用できるようになりました!

この記事ではUberアクシーアプリについて、詳細を徹底的に解説します。

当サイト限定の2,000円OFFクーポンを配布しているので、Uberが気になっている方や、これから使ってみたいと思っている方はぜひチェックしてみてください!

【当サイト限定】
2000円割引クーポン配付中

「JP20vedjki」

上のクーポンコードを入力するとUberの初回料金がなんと2000円割引。距離によってはほぼ無料で移動できてしまうのでぜひ一度Uberを体感してみてください。

登録して3分後には配車完了

Uber

Uber

Uber Technologies, Inc.無料posted withアプリーチ

Uber(ウーバー)タクシーとは?サクッと30秒で概要解説

Uberタクシーとは、アメリカの企業であるウーバー・テクノロジーズが運営する自動車配車アプリです。アメリカでは2009年から利用されており、日本では2014年にサービスが開始されました。

1.Uber(ウーバー)タクシーの仕組み

(図解)

Uberでは、専用のアプリを利用しタクシーの配車を行います。アプリで現在地を指定すると、近くにいるUber対応のタクシーが迎えに来てくれます。

タクシー側のナビには自動で目的地が設定されるため、スムーズに行きたい場所へ行ける点が魅力です。

2.Uber(ウーバー)ではプロのタクシー事業者が配車される

Uberで配車される車は、すべてタクシー事業者によるものです。

海外では個人が自分の車を使ってUberで送迎ができますが、日本では法律の関係上、タクシー事業者しか登録できません。

つまり国が認めたタクシーが迎えに来てくれるため、目的地まで安心して移動できます。

またUberには運転手の評価制度も導入されているため、運転マナーの悪い人が少ないのも特徴の1つです。

3.高級車のハイヤーや6人乗りのバンも利用できる

Uberでは、高級車のハイヤーや、6人乗りのバンも利用できます。

トヨタのクラウンや日産のフーガ、アルファードなどがメインです。

特別な人を送迎する場合や、大人数で移動したい場合でも、スムーズにタクシーを用意できます。

Uber(ウーバー)と普通のタクシーの違い

こちらでは、Uber(ウーバー)と普通のタクシーの違いについて紹介します。

  1. 自分の好きな場所へ配車できる
  2. 運転手への評価制度が存在する
  3. あらかじめ目安料金をチェック可能
  4. アプリに登録したカードで自動決済ができる

それぞれくわしく確認していきましょう。

【Uberと普通のタクシーの違い1】
自分の好きな場所へ配車できる

Uberを使うと、自分の好きな場所へ配車が可能です。

アプリ上で指定した場所へタクシーが来てくれるため、道で手を上げて捕まえる必要がありません。

場所指定はマップアプリ上で操作するだけなので、住所を知らなくても利用できます。

使っているスマートフォンで手軽にタクシーを呼べるのは、Uberと普通のタクシーの大きな違いです。

【Uberと普通のタクシーの違い2】
運転手への評価制度が存在する

Uberでは、運転手への評価制度が存在します。

あらかじめ乗車予定の車種やナンバー、乗務員の顔と名前が表示されるので、安心度が高いです。

乗車後には5段階の評価と、感想が任意で入力できます。

評価があるため丁寧な接客をしてくれるドライバーが多く、普通のタクシーよりもサービスの質が高いです。

【Uberと普通のタクシーの違い3】
あらかじめ目安料金をチェック可能

Uberでは、アプリ上であらかじめ目安料金をチェックできます。

このように目的地を入力すると、現在地からの距離を算出して、料金が表示されます。

もちろん目安なので上下する可能性はありますが、あらかじめ予算を知っておけるのは、普通のタクシーには無い特徴です。

【Uberと普通のタクシーの違い4】
アプリに登録したカードで自動決済ができる

Uberを使うと、アプリに登録したカードで決済ができます。クレジットカードやデビットカードを登録しておくと、目的地に到着した際に自動で決済が完了します。

普通のタクシーだと、カードを読み込んだり、サインを書いたりする時間のロスが大きいです。

自動決済により目的地でサッと降車できる点は、Uberの大きな特徴といえます。

アプリ上で切り替えれば、車内での現金支払いも可能です。

Uber(ウーバー)タクシーの料金システムを徹底解説

こちらでは、Uberの料金システムについて解説します。

Uberでは、現状3種類のタクシーを配車可能です。(エリアによっては対応していない場合もあります)

  • Uberタクシー
  • Uber Black(ハイヤー)
  • Black VAN(最大6人乗り)

それぞれくわしく紹介します。

【Uberの料金システム1】
Uberタクシー

(図解:「開始料金+1kmあたりの料金 or 最低料金」という感じ。注釈で「エリアによって、迎車料金がかかる場合があります」)

Uber タクシーの料金は、提携されている交通会社の規定に基づいて算出されます。

参考までに、各エリアでの料金モデルをまとめました。

※以下をタップすると、各エリアの料金目安が表示されます。

エリア 開始料金 最低料金 1kmあたりの料金
東京 ハイヤーのみ利用可
大阪 79円 680円 331円
名古屋 93円 450円 374円
京都 70円 600円 291円
京丹後 300円 480円 120円
横浜 ハイヤーのみ利用可
神戸 都度確認
広島 262円 550円 270円
岡山 都度確認
福岡 261円 590円 271円
中頓別 都度確認
福山 201円 630円 281円
仙台 249円 670円 309円
福島 124円 520円 416円
淡路島 206円 580円 288円
青森 242円 640円 324円
高知 220円 570円 262円

※料金加算のタイミングは1km単位ではなく、タクシー会社の規定によります。

参考までに、実際に利用したケースだと、以下のとおりです。

  • 場所:京都
  • 時間帯:金曜日20時ごろ
  • 距離:5.19メートル
  • 乗車時間:11分
  • メーター料金:1,570円

タクシーの料金は、アプリもしくはこちらのWebページで詳細な見積もりをとれます。

【Uberの料金システム2】
Uber Black(ハイヤー)

Uber Blackでは、高級車による質の高い送迎サービスを受けられます。

Uber Black(ハイヤー)は、2020年2月現在、東京・横浜・京都エリアで利用可能です。

以下の4つの要素を合算して、料金が算出されます。

  1. 開始料金
  2. 走行時間
  3. 走行距離
  4. ピーク料金 (該当する場合)

以下が、それぞれにかかる料金です。

エリア 開始料金 走行時間 走行距離
東京 103円 67円/分 329円
/km
横浜 103円 67円/分 329円
/km
京都 2,000円 54円/分 325円
/km

実際に利用した例は、以下のとおりです。

  1. 場所:東京
  2. 距離:0.93km
  3. 時間:8分

103円 + 67円 × 8分 + 329円 × 0.93km = 945円

【Uberの料金システム3】
Black VAN(最大6人乗り)

最大6人が乗車できるBlack VANの料金は、ハイヤーに1,080円をプラスしたものです。利用場所は東京と横浜に限られます。

先ほどの東京での利用例に照らし合わせると、料金は以下のとおりです。

  1. 場所:東京
  2. 距離:0.93km
  3. 時間:8分

103円 + 67円 × 8分 + 329円 × 0.93km + VAN料金1,080円 = 2025円

距離によっては2台タクシーを確保するよりも安く済むので、大人数で遠目の場所に移動する際に有効です。

【当サイト限定】
2000円割引クーポン配付中

「JP20vedjki」

上のクーポンコードを入力するとUberの初回料金がなんと2000円割引。距離によってはほぼ無料で移動できてしまうのでぜひ一度Uberを体感してみてください。

登録して3分後には配車完了

Uber

Uber

Uber Technologies, Inc.無料posted withアプリーチ

【体験談】Uber(ウーバー)タクシー実際に利用してみた

こちらでは、タクシーを実際に利用してみた体験談を紹介します!

利用場所は東京の上野です。たくさん買い物をしたため荷物が持ちきれず、Uberの配車サービスを利用しました。

アプリから目的地を入力すると、料金目安が表示されます。

自分が乗車する場所を選択し、配車開始。

ものの数十秒でタクシーが捕まり、迎えに来てくれることになりました。

アプリでタクシーの現在地と、到着目安時間が表示されます。それまでは待機場所にいる必要がないので、コンビニなどで時間を潰しました。

タクシーが到着。今回はハイヤーを選択したので、かなり高級感のある車が来てくれました。

運転手さんがドアを開けてくれたり、車のトランクに荷物を入れてくれたりと、テキパキと動いてくれて非常にありがたい。

車内の雰囲気はこんな感じ。

さすが高級車だけあって、スペースは広く、シートの座り心地も最高でした。

今回は目的地が近かったので、8分ほどで乗車終了。

料金は917円でした。アプリ決済なので現金の受け渡しはなく、到着したらすぐに車から降りられます。

降りるときも運転手さんがドアを開けてくれるなど、行き届いたサービスを受けられました。

最後に任意で運転手さんの評価をして、利用完了です。

目的地までかなりスムーズに到着できたので、今回のように荷物の多い日や、雨の日などに重宝しそうです!

Uber(ウーバー)タクシーを利用した人の口コミ

こちらでは、実際にUberを利用した人の口コミを紹介します。

【当サイト限定】
2000円割引クーポン配付中

「JP20vedjki」

上のクーポンコードを入力するとUberの初回料金がなんと2000円割引。距離によってはほぼ無料で移動できてしまうのでぜひ一度Uberを体感してみてください。

登録して3分後には配車完了

Uber

Uber

Uber Technologies, Inc.無料posted withアプリーチ

日本版Uber(ウーバー)タクシーの対応エリア

こちらでは、Uberが対応しているエリアの日本版を紹介します。

日本で利用できるエリアは、以下の17ヶ所です。

東京・大阪・名古屋・京都・京丹後・横浜・神戸・広島・岡山・福岡・中頓別・福山・仙台・福島・淡路島・青森・高知

それぞれのくわしい利用可能場所は、以下のボタンをタップすると確認できます。

※利用可能エリアは公式ホームページを参照しています。紹介したエリア外でもつかえるかもしれないので、一度アプリを起動して確かめてみてください。

1.東京

引用:Uber 公式サイト

上の画像が、公式ホームページで公表しているエリアです。

東京では港区・新宿区・渋谷区と羽田空港付近がメインとなっています。

ただし実際に利用したところ、秋葉原や上野でも問題なく使えました。

公式の更新が遅れているだけかもしれないので、アプリを起動して確かめるのがおすすめです。

2.大阪

引用:Uber 公式サイト

大阪では大阪市内・豊中市・吹田市・東大阪市・八尾市・堺市付近が対応エリアです。

3.名古屋

引用:Uber 公式サイト

名古屋では市内をはじめ、津島市・瀬戸市・日進市・豊明市など、周辺の市でも利用可能です。

4.京都

引用:Uber 公式サイト

京都では京都市内・宇治市・城陽市・京田辺市・木津川市・和束町・八幡市・長岡京市・向日市・亀岡市で利用できます。

5.京丹後

引用:Uber 公式サイト

京丹後エリアは、京丹後市の北部にある丹後町内で乗車可能です。

過疎化による公共交通の維持確保が課題になっている地域で、Uberのアプリを使って市民の足を確保するという目的でサービスが開始しまいた。

6.横浜

引用:Uber 公式サイト

横浜エリアは、横浜市・川崎市・横須賀市・厚木市・平塚市・秦野市・南足柄市・小田原市で利用可能です。

7.神戸

引用:Uber 公式サイト

神戸エリアは、神戸市・西宮市・尼崎市・宝塚市・川西市・三田市・加東市・小野市・三木市・明石市・加古川市・加西市で利用可能です。

8.広島

引用:Uber 公式サイト

広島エリアは、広島市内と廿日市と一部の離島で利用可能です。

9.岡山

引用:Uber 公式サイト

岡山エリアは、岡山市・瀬戸内市・赤磐市・総社市・倉敷市・玉野市で利用可能です。

10.福岡

引用:Uber 公式サイト

福岡エリアは、福岡市・古河市・春日市・大野城市・太宰府市・筑紫野市・那珂川市・糸島市・一部の離島で利用可能です。

11.中頓別(北海道)

引用:Uber 公式サイト

中噸別エリアでは、中噸別町・稚内・浜頓別町・豊富町・天塩町・那珂川町・枝幸町・美深町・名寄で利用可能です。

12.福山(広島)

引用:Uber 公式サイト

福山エリアでは、福山市・尾道市・世羅町で利用可能です。

13.仙台

引用:Uber 公式サイト

仙台エリアは、仙台市・名取市で利用可能です。

14.福島

引用:Uber 公式サイト

福島県では、全域でUberを利用可能です。

15.淡路島

引用:Uber 公式サイト

淡路島では、全域でUberを利用可能です。

16.青森

青森県では、全域でUberを利用可能です。

17.高知

高知県では、全域でUberを利用可能です。

海外版Uber(ウーバー)タクシーの対応エリア

Uberはもともと海外の企業なので、海外でも広いエリアで利用可能です。

全世界700以上の都市で、Uberを利用できます。

【利用できる国一覧】
アメリカ合衆国・アルゼンチン・オーストラリア・オーストリア・バーレーン・バングラデシュ・ベルギー・ボリビア・ブラジル・カナダ・チリ・コロンビア・コスタリカ・コートジボワール・クロアチア・チェコ共和国・デンマーク・ドミニカ共和国・エクアドル・エジプト・エルサルバドル・エストニア・フィンランド・フランス・ドイツ・ガーナ・ギリシャ・グアテマラ・ホンジュラス・香港・インド・アイルランド・イスラエル・イタリア・ヨルダン・ケニア・韓国・レバノン・リトアニア・マカオ・メキシコ・モロッコ・オランダ・ニュージーランド・ナイジェリア・ノルウェー・パキスタン・パナマ・パラグアイ・ペルー・ポーランド・ポルトガル・カタール・ルーマニア・サウジアラビア・スロバキア・南アフリカ共和国・スペイン・スリランカ・スウェーデン・スイス・台湾・タンザニア・トルコ・ウガンダ・ウクライナ・アラブ首長国連邦・イギリス・ウルグアイ
※2020年2月現在

国ごとの詳細な利用エリアは、こちらの公式ホームページをご確認ください。

Uber(ウーバー)タクシーを利用する7つのメリット

こちらでは、Uber(ウーバー)タクシーを利用する7つのメリットについて紹介します。

  1. 手軽に移動手段を手に入れられる
  2. 重い荷物を持ち運ばなくて良い
  3. 雨の日に濡れる心配がなくなる
  4. 5~6人でのコストを抑えられる
  5. 目的地が自動入力されるので、説明する必要がない
  6. 評価制度により、接客の質が高い
  7. クーポンやキャンペーンでお得に乗車できる

それぞれくわしく確認していきましょう。

【Uber(ウーバー)のメリット1】
手軽に移動手段を手に入れられる

Uberを利用すると、手軽に移動手段を手に入れられます。

アプリで申請するだけで、現在地までタクシーが迎えに来てくれるので、手間がかかりません。

大通りに出てタクシーを探す必要も、駅やバス停まで歩く必要もないので、その時間を他のことに充てられます。

スマートフォンさえあれば気軽にタクシーが呼べるのは、Uberならではのメリットです。

【Uber(ウーバー)のメリット2】
重い荷物を持ち運ばなくて良い

Uberを使えば、重い荷物を持ち運ばなくてすみます。

自分が乗りやすい場所までタクシーが来てくれるので、バス停や駅まで移動する必要がありません。

さらにハイヤーであれば荷物の積み込みなども率先して行なってくれるので、さらに快適に移動できます。

旅行や出張時など、荷物が多いときにはメリットの大きいサービスです。

【Uber(ウーバー)のメリット3】
雨の日に濡れる心配がなくなる

Uberだと、雨に濡れる心配がなくなります。

自宅前までタクシーが来てくれるため、移動する距離がほぼ0だからです。

普通のタクシーだと、雨の中でなかなかタクシーが捕まらずに濡れてしまうというケースは少なくありません。

面倒な天候のときでも、ストレス無くスムーズに移動できるのはUberの魅力です。

【Uber(ウーバー)のメリット4】
5~6人でのコストを抑えられる

5~6人で移動したいときに、コストを抑えられます。

Uberでは、6人乗りのタクシーの配車にも対応しているからです。通常のタクシーだと4人までしか乗れないので、2台使わないと全員が乗れません。

単純に半分の料金で済むので、目的地が遠ければ遠いほどお得です。

6人乗りのタクシーは日本では珍しいので、手軽に配車できるのは大きなメリットと言えます。

(※6人乗りタクシーは、エリアによっては対応していません)

【Uber(ウーバー)のメリット5】
目的地が自動入力されるので、説明する必要がない

Uberでは、目的地をドライバーに説明する必要がありません。

アプリで設定した場所が、そのままタクシーのナビに反映されます。

つまりドライバーは道を知らなくても、ナビ通りに行けば目的地にたどり着けるのです。

わざわざ場所を説明すること無く、スムーズに目的地へ行けるのはメリットといえます。

【Uber(ウーバー)のメリット6】
評価制度により、接客の質が高い

Uberにはドライバーの評価制度があるので、接客の質が高いです。

アプリでは、乗車したタクシーの5段階評価と、感想を記入できます。

基本的には高評価の人に配車依頼が行くので、普通のタクシーと比べるとサービスのクオリティは高いです。

ドライバーの態度に不快な思いをするケースは少なくないので、評価制度による質の向上はメリットといえるでしょう。

【Uber(ウーバー)のメリット7】
クーポンやキャンペーンでお得に乗車できる

Uberでは定期的にクーポンの配布やキャンペーンが行われており、お得に乗車できます。

特に初回乗車が2,000円OFFになるクーポンを使うと、かなり安い値段で乗車可能です。

クーポンやキャンペーンはいつ終了するかわからないので、早めに使っておきましょう。

【当サイト限定】
2000円割引クーポン配付中

「JP20vedjki」

上のクーポンコードを入力するとUberの初回料金がなんと2000円割引。距離によってはほぼ無料で移動できてしまうのでぜひ一度Uberを体感してみてください。

登録して3分後には配車完了

Uber

Uber

Uber Technologies, Inc.無料posted withアプリーチ

Uber(ウーバー)タクシーを利用するデメリット

こちらでは、Uberを利用するデメリットについて紹介します。

  1. 混雑時にはタクシーが捕まりにくい。
  2. 送迎料金などで割高になる可能性がある
  3. 直前での配車予約しかできない

それぞれくわしく解説します。

【Uber(ウーバー)のデメリット1】
混雑時にはタクシーが捕まりにくい。

Uberは、混雑時にタクシーが捕まりにくいです。

まだ普及して間もないサービスなので、対応しているタクシーが多くありません。

よって終電後の繁華街や、少し都会から離れた場所だと、周囲にタクシーがいない可能性があります。

これから改善されていくとは思いますが、現状は混雑すると捕まりにくいというデメリットがあると覚えておきましょう。

【Uber(ウーバー)のデメリット2】
送迎料金などで割高になる可能性がある

Uberで配車を行うと、送迎料金などが加算されて割高になる可能性があります。

【東京都のタクシー利用料金比較】
参考:https://www.taxisite.com/far/info/13.aspx

Uber タクシー
開始運賃 103円 420円
(1052mまで)
1kmあたり 329円 約343円
1分あたり(※) 67円 約56円
最低料金 823円 420円

※1分あたり=時速10km以下の走行時間によって加算される料金

いまはサービスが開始されて間もないからか、迎車料金の設定はありませんが、Uberには最低料金が設定されています。

短い距離だと普通のタクシーよりも高額になる可能性が高くなるので、注意が必要です。

【Uber(ウーバー)のデメリット3】
直前での配車予約しかできない

Uberの配車アプリでは、利用の直前しか予約ができません。

周囲数km以内のタクシーを呼ぶサービスなので、前もって時間を決めての予約に対応していないからです。

またタクシーが周囲にいないと使えないので、確実にタクシーを用意しておきたいという状況では使いづらいでしょう。

乗車の直前でしか利用できないのは、Uberアプリのデメリットです。

Uber(ウーバー)タクシーの使い方4ステップ

こちらでは、タクシーアプリ割引クーポンの具体的な使い方を解説します。

まだアプリを入手していない方は、以下のボタンよりダウンロード画面へと進んでください。

登録して3分後には配車完了

STEP.1
アプリ左上のメニューをタップ

アプリを開くと周辺地図の画面が出てくるので、左上にあるメニューボタンをタップします。

STEP.2
ウォレットを選択

左側からメニューが出てくるので、真ん中にある「Wallet(ウォレット)」をタップ。

STEP.3
「プロモーションコードを追加」をタップ

Wallet画面下側にある「プロモーション コードを追加する」をタップ

STEP.4
コードを入力

プロモーションコードを入力。

【JP20vedjki】を入力すると、初回乗車が2,000円オフで利用できます。

クーポンは自動で適用されるので、そのままタクシー配車を利用してください。

Uber(ウーバー)タクシーと他の配車アプリとの違い

タクシー配車アプリには、Uberの他にもいろいろな種類が存在します。

こちらでは、アプリごとにどのような違いがあるのかを比較しました。

名前 利用可能地域 支払方法 割引情報
Uber 17都市 クレジット・デビット・現金 初回2,000円オフ
Japan
Taxi
全国 クレジット・d払い・Apple Pay・Google Pay・現金 初回500円オフ
MOV 5都市 クレジット・デビット・現金 1,000円×2回オフ
DiDi 21都市 クレジット・デビット・PayPay・現金 1,000円オフ

※スマートフォンでご覧の場合、左右にスライドできます。

※料金や迎車手数料は、どのアプリでも乗車するエリアやタクシー会社によって変わります。

いま日本で一番対応エリアが広いのはJapan Taxi(ジャパンタクシー)で、割引金額が最も大きいのはUberです。

アプリによって提携しているタクシー業者が違うので、すべてダウンロードしておくと、予約できる可能性が高まります。

またクーポンもアプリごとに利用できるため、最大で5,500円の割引を受けられてお得です。

「とりあえず試してみたい」という方は、割引額が大きいUberを使ってみてください。

【2,000円オフクーポン】Uber (ウーバー)タクシーをお得に使う方法【初回限定】

Uber配車サービス
タクシーアプリは数多く存在し、その中でも特にUberのタクシーアプリはおすすめです。

国内タクシー最大手グループの第一交通産業とパートナーシップを結んでおり、現在急激にエリアを増やしています。

  1. ハイヤーによる高級車での迎車
  2. 最大6名が乗れるバンタクシーを指定可能
  3. 乗車状況を家族や友人と共有できる

など、他の配車アプリとは一味違うサービスが魅力です。日常の移動だけでなく、特別な日やデートなどでも使えます。

さらに初回乗車の割引額が2,000円なので、少し遠い場所でも格安で移動可能です。

配車アプリを使えば、わざわざ雨の日や風の強い日に外でタクシーを探す必要がありません。

日々の生活をより良くするためにも、ぜひUberをダウンロードして利用してみてください。

【当サイト限定】
2000円割引クーポン配付中

「JP20vedjki」

上のクーポンコードを入力するとUberの初回料金がなんと2000円割引。距離によってはほぼ無料で移動できてしまうのでぜひ一度Uberを体感してみてください。

登録して3分後には配車完了

Uber

Uber

Uber Technologies, Inc.無料posted withアプリーチ